ニキビ、ストレス、ホルモンバランス

ストレスとホルモンバランスの乱れはニキビの大敵!?

ニキビができる時って、忙しくて睡眠時間がすくなかったり、飲みすぎた翌日、油っこいものを食べた翌日、生理前・・・

 

なんだかたくさん浮かんできました。

 

ニキビは、お肌の毛穴に皮脂や汚れが原因でできてしまいますが、
その毛穴が詰まる原因にはストレスやホルモンバランスも関係しています。

 

ストレスとホルモンバランス

 

ホルモンは自立神経と密接な関係にあります。
ストレスが多いと自立神経の緊張状態が続き、皮脂の分泌を促す男性ホルモンのレベルが上がってしまいます。
男性ホルモンが増えると皮脂の分泌も増えることになり毛穴のつまりにつながってしまいます。
細菌にも感染しやすくなりニキビができやすい環境になってしまいます。

 

 

思春期は、女性ホルモンよりも男性ホルモンが優位になる影響で
皮脂の分泌が過剰になってしまいます。

 

このように、日常生活のストレスやホルモンバランスが原因でニキビができてしまうケースが多々あります。

 

ストレス解消法をみつけたり、早寝早起きをするなど
ホルモンバランスを整える環境づくりも大切ですね。